PMSの代表的症状とPMSサプリ

PMSサプリについてもっと知る前に、PMSの代表的症状をいくつか知っておきましょう。これが総てではないですが、ホルモンバランスの崩れの予兆を知ることは大切です。

良く訴えがあるのは、頭痛ですね。経行頭痛といいます。
偏頭痛などを持っている方は、この時期悪化します。ふらふらしてめまいがする、また、耳鳴りがするという症状も出ます。これらは日常生活で起きることですが、PMSの場合多くは周期的に起きます。PMSサプリでホルモンバランスが整うと若干体調が良くなるようですね。ただ、急にくる強い頭痛はすぐ救急車を呼んでください。脳の内部で何か起きていることもあります。

後は、胸が張って下着がきつくなってくる、触ると痛い、これも性ホルモンが関与する症状です。乳腺が発達しますので張ってしまいます。下着をワンサイズ上にしてしっかり守りましょう。この時期の女性の胸は、何か物が当たると激痛を起こすことがあります。

女子にとって最も困るのが、食欲の増進と肌荒れでしょう。これもPMSの典型的症状です。PMSサプリは美容にも役に立ちますよ。月経前にやけ食いしてしまう人もエストロゲンの分泌を良くすれば落ち着いて痩せやすくなります。

他にイライラして周囲にあたってしまう、眠れない、食欲がない。ミスが増える、集中できないというようなこともPMSの典型症状です。症状が出てしまっていると認識した場合は、PMSサプリを摂取しつつ、少し休みましょう。辛い時に無理に仕事や勉強をしても苦しむだけです。

PMSサプリと生活習慣 月経周期の把握を

PMSを克服するには、自分がいつ具合が悪くなるかを把握しておくことが大切です。女性なら誰しもあるのが月経がくると思っただけで憂鬱になってしまう事です。

これは実はPMSを悪化させてしまう可能性があります。予期不安といって、不安を先に作ってストレスをためてしまいます。その為、月経痛やPMSの諸症状がもっとひどくなって、辛い思いをしてまたストレスになるのです。

その悪循環を断ち切るには、PMSサプリで症状を軽くし、エストロゲンの分泌や、栄養状態の悪化を防ぐことも有効です。また、肌はケアの仕方を考える、クレンジングの強いものは、月経前には使わないようにする等の工夫も出来ます。

ファンデーションもPMSの時期はカバー力が無いけれど落しやすいものにする事も出来ます。保水力が無くなるので、負荷をかけない方が良いのです。
PMSサプリの他にファイバーインのゼリーや、ドリンクを飲んで腸内環境を整えることも有用です。お腹を壊しやすくなる人が多いのです。

この時期に調子が悪くなるというということが分かると、感情が高ぶってもああ、今はそういう時期かで済ませられます。

困るのは月経周期の乱れをそのままにしておくことです。PMSサプリで無月経や周期の乱れが改善しない場合は婦人科に行きましょう。妊娠を疑って月経が来ないと慌てだす方は多いのです。PMS以外にも婦人科の問題は多くあります。ピルなどでコントロールしながら、体と心を守りましょう。正しい知識も必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ